戦略ケース
株式会社東京放送
楽天株式会社
【ショートケース】 楽天−TBS経営統合 放送と通信融合の突破口となるか
楽天がTBSの発行済み株式の15.46%超を取得し、TBSの筆頭株主となった。楽天はTBSに対して、共同持ち株会社を設立する形での経営統合を申し入れた。ライブドアのフジテレビジョンへの業務提携提案に続いて、ネット企業がテレビとインターネット、通信の融合を狙ったことになる。
TBSの井上社長は、「唐突な印象を受ける。慎重に対応を検討していくが、協議をはじめたわけではない」と述べた。
※本稿は2005年10月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/short/2005/k1014_1.html

HOMEへ