戦略ケース
Carrefour
【ショートケース】 カルフールは何故失敗したのか?
2004年10月12日、「カルフール日本撤退」の報道が流れた。12月には、国内の全8店舗の売却を、米ウォルマート、イオンなど大手スーパーに打診したことが伝えられた。
日本撤退を決めた直接的な理由は、フランス本国の業績不振と言われている。総売上の5割を占めるフランス本国の不振により、カルフール全体では今期2度にわたって業績予想を下方修正する等、その成長性には陰りが見え始めている。本国での不振の要因は、カジノ等、DS業態が急拡大し、カルフールが得意とするハイパーマーケットが低迷しているためだ。
カルフールは今後、日本等の不採算事業からの撤退、売却により、財務体質を強化し、本国、及び中国への資金投入を積極的に進め競争力を強化する方針だ。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/short/2005/s02.html

HOMEへ