戦略ケース
キリンビール株式会社
【ショートケース】 「キリンビール大学」にみるオタクを取り込むコミュニケーション
あらゆるカテゴリーで消費の「オタク」化がすすんでいる。何らかの商品・サービスについて販売員よりも詳しい情報を持ち、アクティブに情報収集する「消費のプロ」たる消費者は日本中で約1,000万人に達する。我々は彼らを現代の「オタク」と呼び、注目している 。一般層の消費をリードするこの「オタク」をどう取り込むか、がマーケティングアプローチのカギを握るからだ。
ここでは、メーカーのコミュニケーション事例として、キリンビールがホームページ上で展開しているコミュニケーションサイト「キリンビール大学」を紹介する。オタクに対応できる情報量・質とはどんなものか、ご覧いただきたい。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/short/2005/s05.html

HOMEへ