戦略ケース
サムスン電子
【ショートケース】 大画面化でリードしてもシャープに勝てないサムスン
2005年1月6〜9日に開催された情報家電製品の展示会「2005 International CES( Consumer Electronics Show)で来場者の度肝を抜いた商品がある、サムスンの102型プラズマテレビだ。同社はまた、80型のプラズマテレビや56〜70型の液晶テレビなど数多くの大画面テレビを出展し、急成長中のデジタルテレビ分野において技術面で先頭を走る企業になろうとする同社の取り組み意欲を示した。
一方、液晶のシャープは、液晶テレビ市場における競争優位をさらに強固にしていく構えである。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/short/2005/s10.html

HOMEへ