戦略ケース
資生堂薬品株式会社
【ショートケース】 「Q10AA」 −テレビ宣伝を使わず100億円ブランドに劇的成長
2002年12月、資生堂薬品から、今話題のコエンザイムQ10を配合したサプリメント「Q10AA」が発売された。その販売手法は、過去、同社が採用してきた戦略とは大きく異なる。製品コンセプトは多数のサプリメントメーカーと差別化するために、資生堂の強みを活かした「美容によい」を全面に打ち出し、かつ確かなエビデンスと理論的根拠をもったものであったこと、販売チャネルは成長するドラッグストアに広く配荷するのではなく、一部の企業から順次拡大する政策を採用したことである。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/short/2005/s12.html

HOMEへ