戦略ケース
イオン株式会社
【ショートケース】 直接仕入れで収益改善を狙うイオンの戦略
イオンは、現状1,000億円のメーカーとの直接取引を3年後に5倍の5,000億円に引き上げ、総仕入れ額に占める比率を15%とし、約300億円のコスト削減を狙う方針である。
この背景には、2008年2月期の連結決算での営業利益が前期比18%減となり、10年ぶりに減益となったことがある。
続く2009年2月期からの3ヵ年経営計画では、中核事業でありながら収益力の低下が顕著なGMS(総合スーパー)事業の再生が目標実現の鍵を握るとしており、イオン最大の強みである「規模」を梃子にした取り組みのひとつとして、「直接取引の拡大」が始動した。
※本稿は2008年6月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/short/2008/ct01_iy.html

HOMEへ