戦略ケース
キユーピー株式会社
【ショートケース】 利益率低下により再値上げに踏み切ったキユーピー
キユーピーは5月22日、2008年11月期の中間業績予想を下方修正し、翌23日、マヨネーズなどの主力商品を8月1日出荷分から値上げすると発表した。
原材料の高騰により、多くの食品メーカーが値上げを実施している。キユーピーは、マヨネーズ市場で安定的に6割のシェアを維持している優位性を背景に、既に07年6月に17年ぶりとなるマヨネーズ値上げを実施したにもかかわらず、07年11月期の連結決算において大幅な増益を達成し、「値上げの勝ち組」とみられてきた。
しかし、食品に限らず様々な最寄り品の値上げが相次ぐ中、強者の価格支配の論理も成り立たなくなってきたようだ。
※本稿は2008年6月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/short/2008/ct01_qp.html

HOMEへ