戦略ケース
トヨタ自動車株式会社
本田技研工業株式会社
【ショートケース】 ホンダの新型車生産開始で加熱する環境対応車競争
本田技研工業は、2008年6月16日に、水素で走る燃料電池車「FCXクラリティ」を栃木県高根沢の工場で生産開始することを発表した。アメリカで7月から、日本でも秋には各々リース販売を開始する計画で、今後3年間の製造販売目標は200台としている。
一方、ハイブリッド車「プリウス」で先行し、環境への対応を最重要課題とするトヨタ自動車も、新型燃料電池を搭載したハイブリッド車「トヨタFCHV-adv」を発表した。長期的には、世界生産の1割を環境対応車とする計画である。
地球温暖化への対応、化石燃料枯渇化への対応、そして最近の原油価格の高騰への対応など、環境対応車への期待は高まる一方である。自動車メーカーを軸に、様々な企業がこのチャンス獲得に乗り出し、競争は加熱している。
※本稿は2008年6月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/short/2008/ct03-honda.html

HOMEへ