戦略ケース
株式会社NTTドコモ
【ショートケース】 NTTドコモが個人向けBlackBerry発売へ 北米スマートフォン市場No.1はiPhoneに勝てるか
NTTドコモは2008年7月7日、カナダResearch In Motionのスマートフォン「BlackBerry(ブラックベリー)」を8月1日から個人向けに発売すると発表した。ブラックベリーは世界で1,600万人が利用している人気商品で、その世界シェアでは米アップル社「iPhone」を大きく上回っている。ドコモでは、これまで法人営業部門を通じ、端末とサーバシステムのセットで販売していた。
ブラックベリーの個人向け販売がこのタイミングで発表された背景として、11日に発売されたiPhoneの存在が大きい。日本ではソフトバンクモバイルから発表されたiPhoneだが、その反響が尋常ではないものになっていることは発売前後の現象が示している通りである。

※本稿は2008年7月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/short/2008/ct06-blackberry.html

HOMEへ