戦略ケース
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
【ショートケース】 PSP 08年上半期1位獲得
携帯型ゲーム機市場では、これまで任天堂のニンテンドーDSライトが販売台数で首位を走っていた。しかし、2008年上半期にソニー・コンピュタエンタテイメントの携帯型ゲーム機、プレイステーションポータブル(以下、PSP)が約196万台を販売し、ニンテンドーDSライトの約159万台を抑えて半期ベースで初めての第1位を獲得した。また、据え置き型の任天堂Wiiの2008年上半期販売台数約172万台も凌ぎ、全てのゲーム機の中で第1位となっている。
これには、株式会社カプコンの「モンスターハンターポータブル 2nd G」というPSP用アクションゲームが230万本を売り上げる大ヒットとなったことが貢献している。優良なソフトを囲い込めるかでハードの販売が左右されることが改めて確認された形になっている。

※本稿は2008年7月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/short/2008/ct07-psp.html

HOMEへ