戦略ケース
H&M(ヘネス・アンド・モーリッツ)
ファーストリテイリング
【ショートケース】 "最後の黒船"、第2世代SPA「H&M」が銀座に日本初出店
2008年9月13日、スウェーデンのカジュアル衣料品専門店「ヘネス・アンド・モーリッツ(H&M)」が銀座に日本1号店を開店した。
H&Mはギャップ(ブランド「GAP」/米国)、インディテックス(同「ZARA」/スペイン)に次ぐ世界3位であり、既に上位2社は上陸してから10年以上を経過していることから国内衣料品市場にとって"最後の黒船"と称されている。
特に国内市場をリードしているファーストリテイリング(店舗名「ユニクロ」)にとっては、自社の2倍以上の売上高を誇る世界3強に挟撃されることになる。
※本稿は2008年9月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/short/2008/hm01.html

HOMEへ