戦略ケース
カゴメ株式会社
シャープ株式会社
【ショートケース】 カゴメとシャープ 異業種での共同販促
カゴメはシャープと組み、業界の垣根を越えた売り場での販促を展開する。互いに主力とする販売チャネルであるスーパーと家電量販店の店頭で、共通の販促ツールを相互の製品と一緒に陳列して実演を行い、商品はその場で実際に販売する。
共同での販促展開は、同業種内で組んで行われるケースが多い。今回のような異業種間での推進は珍しく、カゴメ、シャープにとっても初めての取り組みとなっている。
※本稿は2008年10月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/short/2008/promok-s.html

HOMEへ