戦略ケース
株式会社セブン-イレブン・ジャパン
【ショートケース】 出店飽和説を超えて拡大続けるセブン-イレブン 〜セブン-イレブン2014年度過去最多の1,600店出店〜
9月12日、セブン-イレブン・ジャパンが2014年度に過去最高の1,600店出店すると報じられた。2013年度も1,500店の出店計画で、実現すれば4期連続1,000店超の出店となる。国内のコンビエンスストアは、2012年10月末に、かつて上限と言われていた5万店を突破したが、2013年度は大手3社で3,800店の大量出店が計画されるなど、出店ペースが加速している。
セブン-イレブンが重点を置くのは競争の激しい東名阪の大都市圏であり、狙うのは高齢層や勤労女性の需要、つまりターゲット拡大である。

※本稿は2013年9月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/short/2013/edge0912.html

HOMEへ