戦略ケース
アマゾン・ドット・コム (Amazon.com)
【ショートケース】 大衆薬のネット販売本格化で始まるメーカー・小売の業界再編 〜アマゾンが薬のネット販売を開始〜
アマゾンが、9月24日から一般医薬品(大衆薬)の販売を本格スタートした。これまでビタミン剤など「第3類」は取り扱っていたが、新たに解熱剤「バファリンA」や胃腸薬や風邪薬など「第2類」へと拡大する。現在は、アマゾンのサイトに出店しているテナント企業が販売する形になっているが、今後はアマゾンが直接販売する可能性が高い。
アマゾンの本格参入が大衆薬関連の産業に与える影響は大きい。

※本稿は2013年9月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/short/2013/edge0926.html