戦略ケース
イオン株式会社
【ショートケース】 リアル店舗とインターネットによる「創客」と「送客」を巡る熱き戦い 〜イオンのオムニチャネル戦略構想を読む〜
イオンは11月20日、ソフトバンクテレコムとヤフーとの協業により、実店舗とインターネットを連携させて顧客に新しいショッピングスタイルを提供する、とリリースした。具体的にいえば、スマートフォンやタブレット端末を使ったO2Oサービス展開であり、そのスタートは12月20日にグランドオープンする同社の旗艦店「イオン幕張新都心店」である。
イオンは、ネット事業とオムニチャネル戦略でセブン&アイに大きく後れを取っている。この差を埋めるため、今後全国各地で大型シッピングセンターの開発を進め、ネット業界の大手と手を結びお互いの強みを引き出す「Win-Win」関係の構築により巻き返しを図る。

※本稿は2013年11月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/short/2013/edge1121.html