ネット評判記
第20回 『家電リサイクル法』のインパクト−低迷する家電販売のカンフル剤に
 日本電気大型店協会(NEBA・48社加盟)が4月末に発表した3月の総販売額は2,994億7,300億円で、前年同月比19.6%増を記録した。「特定家庭用機器再商品化法」、いわゆる「家電リサイクル法」施行前の駆け込み需要による特需がその要因である。対象4品目は前年同月比「冷蔵庫144%増」「エアコン99%増」「洗濯機92%増」「テレビ59%増」と軒並み大幅に伸びたことが全体を押し上げた。家電リサイクル法特需について、インターネットモニターを対象に調査した。
調査設計
調査期間:2001年4月18日
調査対象者:20〜59歳 男女個人

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR/top/nhbk/nhbk20/nhbk20.html

HOMEへ