ネット評判記
第31回 映画「ファイナルファンタジー」と「千と千尋の神隠し」の明暗
〜マーケティングの巧拙〜
宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」が7月20日の公開後わずか56日で193億5400万円を稼ぎ出し、9月13日に日本映画における新興行収入記録を達成した。観客動員数は1512万人、日本映画における新たなビッグヒットの誕生である。
一方、すべてがコンピューターグラフィクス(CG)で作られた映画ということで話題を集めたスクウェアの「ファイナルファンタジー(FF)」は観客動員数が伸びず、9月15日から上映からわずか3週間でほとんどの映画館での上映は打ち切りとなった。
今回のネット評判記では映画「千と千尋の神隠し」「ファイナルファンタジー」について、当社ネットモニターを対象に認知や関心の度合いを調査し、「千と千尋の神隠し」のヒット「ファイナルファンタジー」の失敗の背景を探る。
調査設計
調査期間:2001年10月11日〜12日
調査対象者:20〜49歳 全国男女個人

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR/top/nhbk/nhbk31/nhbk31.html

HOMEへ