ネット評判記
第41回 ブロードバンド時代の注目アクセス「ホットスポット」−認知率はすでに52%
駅や空港、ホテルロビー、コンビニエンスストア、ファストフード店といった不特定多数の人が集まる場所で無線LANによるブロードバンドでのインターネット接続が利用できる「ホットスポット」サービスが今年2月から開始された。これにより外出先でも自宅や会社とシームレスにブロードバンド環境でネットに接続できるようになる。
今回のネット評判記ではホットスポットはどの程度関心をもたれているのか、実際どの程度利用されているのか、について当社モニターを対象に調査した。
調査設計
調査期間:2002年6月10日〜11日
調査対象者:20〜49歳 首都圏在住男女個人

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR/top/nhbk/nhbk41/nhbk41.html

HOMEへ