ネット評判記
No.76 価格の多様化−「アジエンス」印象的なTVCMで若い女性に浸透
消費が回復の兆しをみせています。企業の新製品投入の態度が変化し、高付加価値・高額品が登場し、その結果としての“価格の多様性”が消費の魅力を増しているのではないでしょうか。
今回のネット評判記では、当社インターネットモニターを対象に、「ちょっと高め」製品が次々と発売され、価格が多様化しているシャンプーの使用実態と、この多様化の流れにのった「アジエンス」の成功要因について探っていきます。
調査設計
調査期間:2004年4月28日〜29日
調査対象者:当社インターネットモニター 20〜49歳  全国の女性個人

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR/top/nhbk/nhbk76/nhbk76.html

HOMEへ