ビジネストレンド
2014年4月7日号
セブン&アイ、2014年2月期連結決算を発表
国内小売業初の営業利益3,000億円超
セブン&アイ・ホールディングスは3日、2014年2月期連結決算を発表した。売上高にあたる連結営業収益は前期比12.8%増の5兆6,318億円、本業のもうけを示す営業利益は14.9%増の3,396億円で3期連続最高益となり、国内小売業で初の3,000億円を突破した。
2013年度は「変化への対応と基本の徹底」をスローガンに、既存事業の更なる強化と新たな事業展開に向けた取り組みを推進、既存事業の更なる強化の中心となったのが、グループシナジー効果の最大化に向けたプライベートブランド商品への注力である。


リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR/top/wbg/2014/wbg0407-01.html

HOMEへ