ビジネストレンド
2014年4月17日号
「ブラック企業」払拭と人材不足からの脱却を図る小売・外食企業
 〜イケア、ゼンショー、ユニクロ、スターバックスの正社員拡大を読む〜
小売業や外食企業において、働き手の待遇を改善する動きが相次いでいる。4月16日、イケア・ジャパンは従業員3,400人の7割にあたる2,380人のパート従業員の待遇を9月から正社員と同等にすると発表した。現在6ヶ月ごとの雇用期間を廃止し、事実上正社員化するということである。
4月17日には、ゼンショーホールディングスが「「すき家」の職場環境改善に向けた施策について」というリリースを打ち、「すき家」の地域分社化と労働環境改善に関する第三者委員会の設置を発表した。
これまでも小売・外食産業では景気回復時になると人材不足に悩まされてきた。理由はふたつある。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR/top/wbg/2014/wbg0417-02.html

HOMEへ