ビジネスガイドを読む
2001年7月号<企業・業界編>
「Yahoo! BB」始動 −ソフトバンクの激安ADSLサービスの勝算は?−
 ソフトバンクグループが加入者急増中のNTTの牙城であるADSL市場になぐり込みだ。6月18日には子会社のBBテクノロジーとヤフーが共同で格安、高速のADSLサービス「Yahoo! BB」の開始を発表。その2日後の6月21日には40億円の負債を抱えて経営危機に陥っていたADSL通信企業の草分けである東京めたりっく通信の発行済み株式の三分の二を取得し、支援に乗り出すことを発表した。この買収でソフトバンクはADSL事業に関する設備とノウハウを入手し、グループ全体のADSL事業を早期に軌道に乗せることを狙っている。
 個人向けサービスはヤフーBBに一本化し、東京めたりっく通信のADSLサービスを法人向けに特化させる意向で、グループの総力を結集してADSL事業を推進する意気込みだが、安すぎる価格設定に採算面を不安視する声も出ている。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR/top/yomu/2001/yomu0107k.html

HOMEへ