ビジネスガイドを読む
2001年8月号<流通編>
コンビニエンス・卸業界で大型連携 −サークルKとサンクス、国分と雪印アクセス
 2001年7月、コンビニエンスストア、卸で業界内の力関係を左右する動きがあった。ひとつはかねて予定されていたコンビニ大手のサークルケイ・ジャパン(店舗名サークルK)とサンクスアンドアソシエイツ(店舗名サンクス)の経営統合、もうひとつは卸業界最大手の国分と食品卸第二位の雪印アクセスの業務提携である。今月はこの二つの動きについてそれぞれの業界事情も含めてご紹介する。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR/top/yomu/2001/yomu0108r.html

HOMEへ