ビジネスガイドを読む
2001年10月号<企業・業界編>
大正製薬と田辺製薬が経営統合 −統合効果に疑問符−
 国内医薬品業界8位の大正製薬と、同10位の田辺製薬が、9月17日、持ち株会社を設立し経営統合すると発表した。新会社の売上高は国内3位に浮上するものの、欧米の製薬会社とくらべるとその規模はあまりにも小さい。グローバルな競争環境が激化するなかで、国内でも生き残りをかけた業界再編が加速するとみられるが、欧米の製薬会社が大型合併で巨大化しながら日本市場への進出を本格化させているなかで、統合効果が発揮できるかは疑問である。今回の経営統合について詳細を紹介すると共に、グローバルな業界再編の動きについても概観してみたい。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR/top/yomu/2001/yomu0110k.html

HOMEへ