ビジネスガイドを読む
2002年2月号<企業・業界編>
三洋電機、中国家電最大手と包括提携 −中国家電メーカーが日本市場本格参入−
三洋電機は、2002年1月8日、中国家電メーカー最大手の海爾集団公司と包括提携すると発表した。中国市場で海爾の販売網を活用して三洋製品を販売するほか、海爾の家電製品を日本で販売する合弁会社を設立する。
人口13億人の豊富な労働力と、日本の25分の1という安い人件費を背景に、中国抜きには日本企業の生産戦略は立てられないほど生産拠点としての中国の重要性は高まっているが、競争相手としても中国家電メーカーは急成長している。価格だけでなく、技術力でも日本メーカーと遜色ないレベルになりつつあり、すでに北米やヨーロッパでは実績を残しているが、日本市場には初の本格参入となる。
営業利益に占める家電製品のウエイトが1%(2001年3月期)の三洋だからこそできた決断との声もあるが、今回の提携を機に日本市場の勢力図が大きく様変わりする可能性もある。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR/top/yomu/2002/yomu0202k.html

HOMEへ