ビジネスガイドを読む
2002年6月号<企業・業界編>
中国市場進出本格化する自動車業界 −追撃体制に入った日産自動車−
日産自動車は、5月8日、中国の自動車大手東風汽車と合弁で、2003年度から乗用車「セフィーロ」など4車種を現地生産する方針を固めた。複数車種を相次ぎ投入し、トヨタ自動車、本田技研工業などに比べて出遅れていた中国市場への本格進出を図る。
政府による自動車産業育成策のもとで大きく発展した中国の自動車産業だが、世界貿易機関(WTO)加盟で2002年1月から輸入関税が大幅に引き下げられ、外資との競争にさらされている。中国政府も従来の保護政策を見直し、昨年来から新たな方針を打ち出している。今回の合弁事業には中国自動車産業の新しいモデルづくりの意図もあり、その意味からも注目される。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR/top/yomu/2002/yomu0206k.html

HOMEへ