ビジネスガイドを読む
2002年<特別号> 7月
東京・都市再生への金融の動き−森ビル、グループ会社上場へ 不動産投信参入狙う
2002年7月10日付 Asahi.com速報によると、森ビルは、株式市場からの資金調達に乗り出す方針を表明した。具体的には、「今後、数年間で現在非上場のグループ会社を5社程度上場するほか、東京証券取引所の不動産投資信託(REIT)市場への新規参入を狙い、最終的には本体の上場も視野に入れる。」 同社が、銀行借り入れを中心とした間接金融からエクイティ・ファイナンスをベースとした直接金融へのシフトに向けて動き出した背景には、小泉内閣が掲げてきた「都市再生」政策が官民挙げて本格始動していくであろうという見通しの下、森ビルが自ら得意とする都心再開発案件の積極受注に向けて、目下制約となる資金調達面でのボトルネックの緩和を図ったことが挙げられるだろう。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR/top/yomu/2002/yomu0207s.html

HOMEへ