ビジネスガイドを読む
2002年<流通編> 9月号
再建待ったなしのダイエー −営業組織変更はパワーを生むか
ダイエーが苦しんでいる。2002年8月には、UFJ銀行、三井住友銀行、みずほコーポレート銀行の主力3行から総額4,000億円の金融支援手続が完了し、債務超過状態は、2002年8月末の中間期中に解消されることとなったが、営業の建て直しは思うように進んでいない。
8月中間期の単独経常利益は目標の100億円に届かず、9月1日付けで高木社長が営業部門を直轄してマネジメントを社長に一元化する組織変更を発表した。営業の建て直しという最大の課題に対して、社長自らが先頭に立つという社内外への宣言だが、失敗が許されない選択でもある。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR/top/yomu/2002/yomu0209r.html

HOMEへ