ビジネスガイドを読む
2002年<企業・業界編> 12月号
ゲームソフト業界再編劇のスタートか −スクウェアとエニックスが合併
日本を代表するゲームソフト大手のスクウェアとエニックスが2003年4月1日付で合併することを11月26日に発表した。ゲーム業界は国内販売が90年代後半から伸び悩んでいる反面、オンラインやネットワークなどゲームの領域は急速に広がって新たなチャンスが拡大している。今回の合併は、今後激変が予想されるゲーム業界での生き残りに向けて、両社トップの強い危機意識がもたらしたものであり、ゲームソフト業界の再編劇の幕開けとも言われている。今回は合併の詳細についてご案内するとともに、日本のゲームソフト業界の現状についても概観してみたい。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR/top/yomu/2002/yomu0212k.html

HOMEへ