@niftyトップ > 会員向けサービス > 迷惑メール対策@nifty > @niftyの取り組み > 25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)
25番ポートブロック アット・ニフティの取り組み

アット・ニフティ経由で送信される迷惑メールの撲滅を目指して

近年、@niftyなどのプロバイダが提供するメールサーバーを経由せずにウイルスメールや迷惑メール、フィッシングメールなどが多数送信されるようになり、セキュリティ上、非常に問題になっています。
お客様およびインターネット利用者の安全の向上を図るため、@niftyでは、25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)を実施しています。

25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)は、弊社も参加している“Japan Email Anti-Abuse Group (JEAG)”にて提言された迷惑メール対策の一つです。
今後、業界全体で技術的対策を図り、各プロバイダーやホスティング業者、企業や教育機関でもこうした施策が導入されるよう、弊社では積極的に迷惑メール対策を行っていきます。

25番ポートブロックって何?
インターネット上で通信されるデータを識別するための番号(Port番号)のうち、一般的にメール送信(SMTP)に割り当てられる25番(Port25)の利用に制限を加えることで、プロバイダーが指定した送信サーバーを使用せず発信されるメールを制限する仕組みです。
※お客様の利用状況により、「25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)」の影響を受ける場合があります。
「25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)」の影響を受けるお客様
25番ポートブロック
25番ポートブロックのメリット
ウイルスや外部からの不正アクセスにより、お客様のパソコンがメール送信の基地(ボット)として利用される場合があります。 ボットとして利用されると、迷惑メールやウイルスメール、ご利用のパソコン内にあるお客様の個人情報などが、プロバイダーの指定した送信サーバーを利用せずに、直接送信されてしまうことがあります。
OP25Bを実施することにより、ウイルスや不正アクセスの被害にあった場合でもお客様の意図しない迷惑メールの送信、個人情報の流出を防ぐことが可能になります。

 
サブミッションポート(ポート587)の提供
@niftyでは、既に「25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)」を実施している他社プロバイダーの接続回線より、@niftyのメールサーバーを利用してメールを送信する@nifty会員向けに、サブミッションポート(Port587)を提供しています。

※当社のメールサーバーで「サブミッションポート」を利用する場合は SMTP-Authの設定が必要です
@niftyメールのメールソフト設定方法
セカンドメールのメールソフト設定方法
セカンドメールプロのメールソフト設定方法
キャラクターアドレスのメールソフト設定方法
ウイルスバスター for @nifty Mail のメールソフト設定方法
※上記はすべて Outlook Express 6.x 設定方法(Windows)の設定例です
SMTP-Auth
SMTP Authenticationの略。メールを送信する際に、メールサーバーで認証を行う。メールソフトで設定を行うことで自動的に認証を行うことが可能。



送信ドメイン認証