@niftyトップ > 会員向けサービス > 迷惑メール対策@nifty > 迷惑メール対処テクニック

迷惑メール対処テクニック

大量に届く迷惑メール、見ないようにはできないの?

迷惑メールが大量に届いてしまい、「自分の読みたいメールを探すだけでも時間がかかる」、「迷惑メールを削除する手間が面倒」といった不快な思いをしている人は多いはずです。
迷惑メールを見ないようにすることはできないのでしょうか?


メールを振り分けて受信する

受信したメールを、その内容や送信元のメールアドレスなど、ある指定した条件によって、設定したフォルダに自動的に振り分ける機能を「フィルター」や「フィルタリング」と呼びます。

この機能により迷惑メールを自動的に受信箱以外の別のフォルダに自動的に移動させたり、ゴミ箱に入れてしまうことが可能になります。これにより、自分の読みたいメールが、迷惑メールによって埋もれてしまうことが少なくなります。

フィルター機能は、メールソフトだけではなく、セキュリティソフトや各プロバイダーでもフィルター機能をもった製品やサービスが提供されています。

*メールソフトのフィルター機能

フィルター機能は、ほぼすべてのメールソフトに搭載されています。 ご利用しているメールソフトによって、フィルター機能の名称・設定方法は異なります。 一般的なメールソフトのフィルター機能設定方法については、下記をご覧ください。

 OutlookExpress 「迷惑メール」対策をしよう

 Outlook2003 「Outlook2003を使用した迷惑メールの受信防止」

 Outlook「Outlookで自動仕訳ウィザードを使用する方法」


アット・ニフティの提供する「迷惑メールフォルダー」

@niftyでは迷惑メール対策用のフィルター機能サービスを提供しています。

特長
■ボタン一つで簡単設定

@niftyがあらかじめ定めた基準に基づいて迷惑メールを判別し、メールボックスに着信した時点で専用フォルダー(迷惑メールフォルダー)に自動的に振り分けます。

■Symantec Brightmail AntiSpamの適用

世界20か国以上のおとりメールボックスから収集した情報を活用し、業界随一の検知精度(99.9999%)を実現した、「Symantec Brightmail AntiSpam(シマンテック ブライトメール アンチスパム)」を適用しています。

■学習型フィルターを搭載

「迷惑メールフォルダー」が振り分けたメールの特徴をフィルター自らが学習して成長していきます。 メールアドレスを変えた同内容の迷惑メールにも自動的に対応します。