@niftyトップ > 会員向けサービス > 迷惑メール対策@nifty > 迷惑メール対処テクニック

迷惑メール対処テクニック

プロバイダーでは迷惑メールに対応してくれないの?

迷惑メールの基本は、「開封しない」「返信しない」「アドレスをクリックしない」などの自衛策が基本になりますが、各プロバイダーでも迷惑メールの送信者に対する規制を行っています。

受信した迷惑メールの情報をプロバイダーに伝えることで、送信者に警告したり、それでも送信をやめない場合には強制的に退会させるといった対応を各プロバイダーでは取っています。

では、迷惑メールをプロバイダーへ通報するには、どうしたらよいでしょうか?


メールのヘッダー情報を確認する

メールには本文とは別に、「差出人」や「宛先」、「配送されたルート」などの情報が付与されたメールヘッダーと呼ばれる情報が付与されています。 迷惑メールの場合、その多くが送信元情報(From:)の書き換えを行っており、送信元特定調査にはReceived:行を含むヘッダー情報が必要になります。

*ヘッダー情報の表示方法

各メールソフトによって、ヘッダー情報の表示方法が異なります。 ヘッダー情報の表示方法がわからない場合には、下記を参照してください。

 @nifty会員サポート 「メールの設定」


*迷惑メールの通報窓口

@niftyでは、迷惑メールの申告用ページを設けています。 ウイルス・迷惑メールに関するお問い合わせについては、下記のページより、ご連絡ください。

 会員サポート「ウイルス・迷惑メールに関するお問い合わせ」


アット・ニフティの提供する「受信拒否/迷惑メール通報機能」

@niftyでは、受信したメールが迷惑メールだった場合、リストに登録しているアドレスからの受信を拒否したり、簡単に迷惑メールとして@niftyに連絡することができる受信拒否/迷惑メール通報機能を提供しています。

特長
■ボタンをクリックするだけの簡単操作!

選択したメールにチェックをいれて、受信拒否/迷惑メールボタンを押せば、そのメールアドレスからのメールをすべて受信しない設定となり、 迷惑メールとして@niftyに通報することができます。
※「迷惑メール通報」によって@nifty会員の皆さまからお送りいただいた情報を蓄積して、今後の迷惑メール対策への適用を図っていきます。