@niftyトップ > 会員向けサービス > 迷惑メール対策@nifty > 迷惑メール対処テクニック

迷惑メール対処テクニック

自分のメールアドレスから迷惑メールが届いた、どうして?

インターネットメールでは、送信元の書き換えが容易にできてしまいます。そのため迷惑メール送信業者があなたのメールアドレスを使い、悪意を持ったメールを送ってくることがあります。

自分のメールアドレスだけではなく、知人のメールアドレスから届いた迷惑メールも送信元が書き換えられて、送られていることもあります。

このようなメールアドレスの詐称 には、どのように対処すればよいのでしょうか?


何もせずに削除する

メールアドレスの詐称 については、完全に防ぐことができない状況であり、自己防衛に努めるしかないのが現状です。 自分のメールアドレスや知人のメールアドレスから送信されたメールでも、不審に思う部分があれば、アクションを起こさないほうが良いでしょう。 このような手口のメールは、

・送信者と受信者を同じにすることで興味をひく

・受信者からの苦情の連絡先を混乱させる

などを目的をしています。返信をしても、迷惑メールの送信者に届く可能性は低く、全く身に覚えのない人に、苦情を送ってしまうことになり、その効果はほとんどありません。

*メールアドレス詐称の迷惑メールが届いた際には、プロバイダーへ連絡しましょう

プロバイダーへ連絡するには、メールのヘッダー情報が必要になります。
各メールソフトによって、ヘッダー情報の表示方法が異なります。ヘッダー情報の表示方法がわからない場合には、下記を参照してください。

 迷惑メールを通報する方法はこちら


アット・ニフティの提供する「送信ドメイン認証」

@niftyでは、@nifty会員からのメールを受信したサーバーで、メールが正しい本人から送信されたかどうかを検証する「送信ドメイン認証」を採用しています。これにより、@nifty会員のメールアドレスが悪意をもって詐称されにくくなり、迷惑メール送信の抑止につながります。