@niftyトップ > 会員向けサービス > 迷惑メール対策@nifty > 迷惑メール対処テクニック

迷惑メール対処テクニック

HTMLメールは危険っていうけど、何が危険なの?

HTMLメールは、HTMLタグを使って画像の貼り付けや文字のデザインなど、メール装飾することができ、大変便利だといえます。しかしHTMLタグが利用できるということは、悪意ある仕掛けも埋め込むことができるため危険な場合もあります。

HTMLメールに仕掛けを埋め込むことで、メールを開いたかどうかを迷惑メール送信者は知ることができます。 それによって、このメールアドレスの持ち主はメールを読んでいると判断し、あなたのメールアドレスは今後メール送信対象者にされてしまうこともあります。

また、あなたがメールを開いただけでウイルスをダウンロードさせ、パソコンに感染させるウイルスメールも存在します。

悪意を持ったHTMLメールから身を守るにはどうしたらよいでしょうか?


HTMLプレビューをオフにする

メールソフトには、HTMLメールを受け取った場合に自動的に表示させる機能がついていることがあります。 これを、HTMLプレビュー機能といいます。

Microsoft Outlook Expressは、初期設定でこの機能がONになっているため、HTMLメールを受け取った場合には自動的に中身を表示してくれ、ユーザはほかのメールと同じようにHTMLメールを読むことができます。しかし、自動でHTMLメールを開いてしまうため迷惑メールやウイルスメールまで開いてしまい、被害を出してしまう場合があります。

このHTMLプレビュー機能は、設定でOFFにすることができます。HTMLプレビューをOFFにすることで、不用意に開封し、被害にあうことは少なくなるでしょう。

大抵のメールソフトの場合は、HTMLプレビューがOFFの状態でも、自分の判断でHTMLメールを見ることも可能ですが、タイトルが不審な英語だったり、覚えのないメールアドレスから送信されている場合は開かずに削除し、安全だと判断したもののみ開くようにしましょう。

*Outlook Expressでプレビューウインドウを表示させない方法

1.Outlook Expressを起動してください。

2.起動したOutlook Expressの左から[受信トレイ]をクリックして、
メニューバーの[表示]→[レイアウト]を選択してください。

3.[プレビューウインドウを表示する]のチェックボックスをはずしてください。

※ただし、HTMLプレビューをOFFにしても、ウイルスを完全にブロックできるわけではありません。ウイルスをブロックするにはウイルス対策ソフトが必要です

アット・ニフティの提供する「ウェブメール」

@niftyのWebメールでは、初期設定でHTMLプレビューをOFFにしています。また、データを暗号化して送信する「SSL」に対応しているので、メールを送信中にインターネット上で 第三者から内容を盗まれる心配がなく、安心してメールを送ることができます。