@niftyトップ > 法人向けサービス > ベーシックホスティング(レンタルサーバー) > 仕様・機能 > 添付ファイル保護

ベーシックホスティング(レンタルサーバー)
仕様・機能(添付ファイル保護)

特長

添付ファイル保護は、Webメールから添付ファイル付きのメールを送信した際に、自動的に添付ファイルを保護した形式に変換し、安全な添付ファイルの送信を行うことができるサービスです。

添付ファイルは、パスワード付きの圧縮ファイル、またはWeb経由でダウンロードする形式で送信されるため、誤送信による情報漏えいの防止に大変有効です。また、添付ファイルによるボックス使用率を抑え、メールボックス容量の節約にもなります。

パスワード付きZIP形式
パスワード付きZIP形式

ダウンロード形式
ダウンロード形式

添付ファイルの保護形式は2種類から選択

パスワード付きZIP形式 添付ファイル付きメールを送信すると、添付ファイルが自動的にパスワード付きZIPファイルになります。パスワードは送信者が設定します。
ダウンロード形式 添付ファイル付きメールを送信すると、添付ファイルが自動的にメールから切り離されサーバー上に保存されます。メール本文には添付ファイルをダウンロードするためのURLが挿入されます。
切り離された添付ファイルはダウンロードをすることができ、その際にパスワードの入力を必要とすることもできます。

誤送信による情報漏えいを防止

重要なファイルを添付したメールの宛先を誤って送信してしまった時や誤ったファイルを添付して送信してしまった時などに役立ちます。

例えば、ダウンロード形式を利用していれば、切り離されてサーバーに保存されている添付ファイルを一覧で確認できます。そして、添付ファイルの削除を送信者が任意にすることができるので、誤送信に気付いたらすぐに削除することで情報漏えいの可能性を低減できます。

また、Webメールの上司承認機能や誤送信防止機能と合わせて利用することで、情報漏えい対策をより強固なものとすることができます。

誤送信による情報漏えいを防止

複数送信時のメールボックスサイズの節約

社内間でのメール送受信の場合、通常のメールにファイルを添付して複数のユーザーに送信をする方法だと、各ユーザーが添付ファイル付きのメールを受信することになるためメールボックスの空き容量を減らすことになります。

しかし、添付ファイル保護サービス(ダウンロード形式)を利用すれば、各ユーザーが受信するのは添付ファイルを切り離したメールのみで、添付ファイルは各ユーザーがダウンロードして取得するため、メールボックスを節約することができます。

複数送信時のメールボックスサイズの節約

利用料金

サービス名 初期費用(税抜) 月額費用(税抜)
添付ファイル保護(5アカウント毎) - 400円×契約数

添付ファイル保護は、ドメイン単位のサービスのため、ご契約アカウント数に応じて請求が発生します。

ご請求額に1円未満の端数が生じた場合、その端数を切り捨ててご請求させていただきます。

お申し込み方法

ベーシックホスティングご契約後に、コントロールパネルのオンラインオプション変更ページよりお申し込みください。

注意事項

「添付ファイル保護」は「ベーシックホスティング」のオプションサービスです。「ベーシックホスティング」のご契約が必須となります。

ベーシックホスティングのお申し込み・資料請求はこちらから

お申し込み資料請求

ベーシックホスティングについてのお問い合わせ

ホスティング専用窓口 0120-325-662(受付時間 平日9:00~17:45)