@niftyトップ > 法人向けサービス > よくあるご質問 > メールソリューションについて > メールゲートウェイ ウイルスフィルターについて

よくあるご質問
メールソリューションについて

ニフティクラウド メールゲートウェイ ウイルスフィルターについて

メールを暗号化して送受信する場合、ウイルスを検出できますか?

メールの内容をチェックすることができないため、検出することができません。

圧縮ファイルのウイルスを検出できますか?

圧縮ファイルは以下の形式で圧縮された添付ファイルが対象となります。

Pkzip、Pkzip to EXE、LHA、LHA to EXE、ARJ、Cabinet、Tar、RAR AMG、PKLITE、LZEXE、DIET、MS compress、Compacked、LZW

  • 20段階の圧縮までサポートしています。
  • 圧縮ファイルからウイルスが検知された場合は添付ファイルを削除します。
  • 次の圧縮形式には対応していません。
    • RAR、pkzip2.5、lha.exe Ver.1.00 の各形式の自己解凍ファイル
    • MSCompress v2.5で -zqオプション(quantum compression)での圧縮ファイル
    • 旧式のLZW形式(ヘッダーがないもの)
    • TARで加算方式の圧縮を行ったもの
    • CABでLZX形式の圧縮を行ったもの
    • WinRAR V2.5で圧縮を行ったもの
    • solarisで圧縮を行った.Zファイル
    • LHA (header 6) のサポート:LHA (header 7) は未対応
  • 32bitのLHA形式の圧縮ツールは仕様が統一されていないため対応できない場合があります。
  • S/MIMEなど暗号化されたメールの添付ファイルは対象となりません。
  • Macバイナリー形式のファイルは対象となりません。

ウイルスが検出されたことは、どのように知ることができますか?

受信したメールがウイルスに感染していた場合、以下の方法で認識できます。

  • 受信者にウイルス感染メールの受信を告知し、あわせて駆除済みのメールを送信します。
  • ウイルス感染メール受信サマリー情報(結果一覧)を専用サイトで確認できます。

送信したメールに誤ってウイルスが感染していた場合、送信者にウイルス感染メールの送信を警告します。