お問い合わせ 0120-802-026 受付時間:平日9:00 ~ 17:45(土日祝休)

ShaMo! 事例紹介
株式会社OpenFactory 様

  • 代表 堀江 賢司 様

"新規事業でのリアル店舗の運営にとても助かっています"

「ShaMo!があって良かった」というのが一番の感想ですね

インタビューイメージ

まず、弊社のご紹介になりますが、愛知県でのぼり旗や横断幕などの旗幕の印刷をしており、個人のモノづくりの盛り上がりとデジタルプリンターの発達により、2013年に新規事業として、「モノづくりを楽しむ印刷工場 Happy Printers」を立ち上げました。

Happy Printersは、業務用プリンターをデザイナーやクリエイター、そして一般の方も自由に使えるラボで、以前より、私が構想を練っていたサービスだったのです。しかし、いざ事業となると、初のリアル店舗サービスでしたので、設備はよしとしても、バックエンドの環境をどう整えようかなど、工夫しなければいけないことがありました。

電話もそのひとつで、電話回線を引くときの煩雑さから、最初は070番号の端末サービスを契約したんです。手軽ですし、コストも抑えられますから、いいなと。でも……、考えてみれば、やはり“03番号”なんですよね。電話番号に対する敷居がなくなりつつある時代とはいえ、お問い合わせのお客さまに安心していただけるのは03番号でしょうし、またプレリリースを発信するときにも03を記載する価値は大きいように思います。

そういう気持ちがずっとあって、出会ったのがShaMo!だったんですよ。スマホにアプリを入れるだけで03番号を利用でき、通話も快適。まさに求めていたサービスでした。弊社のように本業とは別でリアル店舗を運営したいと考える会社さんは少なくないと思いますから、幅広いニーズがあるんじゃないでしょうか。しかもコストは、初期費用は0円、ワンユーザー月額900円~と負担も少ない。

電話帳の管理もスムーズに

インタビューイメージ

まだ利用して1カ月なので、これからどんどん使っていきたいですね。現在は主に取引先からの電話をShaMo!で受信しています。あとは、電話帳の管理ですね。取引先と一言にいっても、プリンター業者さんだったりお客様だったり、さまざま。今までグループ分けがたいへんだったのですが、ShaMo!とスマホ番号の切り分けで管理がスムーズになりました。

今後の事業展開でもShaMo!に大きな期待を寄せています

インタビューイメージ

iOSにも対応するんですよね。そうなると、内線は無料ですから、まずiPhone所有のスタッフも使えますし、またラボの他店舗展開を考えたときにも、店舗間の連絡がスムーズになる。今後の事業展開にもしっかりフィットしてくれると思うので、ShaMo!とは長いお付き合いになりそうです。

また、これから提供エリアも順次拡大していくそうですが、それも楽しみにしています。

実はShaMo!って、地方の製造業の会社さんにぴったりマッチする通話サービスなのでは、とも感じます。会社内の部署が複数分かれていて、それぞれから連絡があるので、もっとスムーズにできればと考えているんです。そういった場合でもShaMo!であれば、代表番号のほかに個別番号も取得できますから、手軽に一元化が可能なんですよね。なので、各地の取引先の会社さんに、ぜひとも紹介していきたいですね。

ShaMo! 事例紹介

  • 株式会社MODERATOR様

    市外局番をスマホで利用できるビジネスメリットは大きい

  • 東京カルチャーカルチャー様

    イベントスペースやライブハウス運営で03番号のメリットを実感

  • 株式会社アング様

    独立開業をめざすネイリストにも魅力的なサービスだと思います

  • 美食市株式会社様

    全国の生産者様に会いに行く私達に最適なサービスです

  • 株式会社OpenFactory様

    新規事業でのリアル店舗の運営にとても助かっています

TOPへ