@nifty
BUDO-RA
title
image
映像をご覧になるには入会が必要になります。
詳しくはこちら

指導・実演 山田英司 BUDO-RA編集長

 伝統的な中国北派拳術の対打、散打の練習は、右手の甲を互いに合わせた搭手から行うものが多い。これは、相手が右手ですばやい攻撃をしてきたとき、こちらも手首のスナップをきかせて右甲ですばやく受け、接触する。
 両者が離れた間合から、肉体を接触させる第一段階を形式化したものです。
 むろん、戦いの始まりは多様ですが、ここから技をかける練習をしておけば、始まりの形が異なっても、自分の得意技へつなげることは容易です。
 いわば、自分の得意技作りの練習なので、その形が実戦的かどうかはあまり気にしなくて良いのです。柔道やレスリングの打ち込み練習のようなものです。
(山田)

 
※本サービスのご利用にあたりましては、最新版のRealPlayerをあらかじめインストールしていただく必要があります。
また、パソコンの性能によってはスムーズな映像再生ができない場合があります。トップページにあるサンプルムービーで、あらかじめ再生品質をご確認ください。
@nifty top
Copyright (c) 2011 full-com corporation. All Rights Reserved.