@nifty
BUDO-RA
title
image
映像をご覧になるには入会が必要になります。
詳しくはこちら

指導・実演 山田英司 BUDO-RA編集長

 採は、螳螂拳の用語ですが、ここでは順圏で巻き込む崩しの総称で用いています。
 順圏で巻き込むことを主武器とする代表的な門派は陳式太極拳と六合螳螂拳でしょう。
 ただし、現在の陳式太極拳の型は、様式化が進み、圏を描くときに、肘から先に動かすような動きがほとんどです。
 螳螂拳の採や、六合螳螂拳の勾などは、基本的に肘を落としたまま、鋭く圏を描きます。
 これは、速さに対応する圏の描き方が、正しく型に伝承されていることを意味します。
 肘を上げて大きく圏を描く方法でも、外から打ってくるフックや、ゆっくりと押してくる攻撃には対応可能ですが、すばやく引くジャブのような攻めには間に合いません。
 では、太極拳は速い攻めに対応できなくて良いのか?といえば、そんなことはありません。
 本来は対応できるような型が、見栄えのいい様式化された型に変化していったのでしょう。
 推手などの練習も、非常に優れたものですが、往々にして馴れ合いのゆっくりした攻めと受けに終始しがちです。
 太極拳も速い攻めに対応しようと思ったら、肘を落としたまま鋭く小さく圏を描くことを基本にしなければなりません。
 そのためには、基本の背掌受けと同様、自分の鼻の位置まで、すなわち正中線までを最短距離で受け、そこから巻き込みの動作に入るクセをつけておかねばなりません。
 相手の突きは引きも速く、フェイントもかけてくることを前提に、受けの練習を行っておかないと、ジャブ一発でKOされた有名な太極拳家と同じ道を歩んでしまいます。
 彼は発勁も化勁も上手でしたが、速い攻めに対する研究は一切していなかったのでしょう。
 なぜなら、今日の太極拳には、速い攻めに対する対応がスッポリ抜けているからです。
 昔の太極拳家は当然、速くて力強い少林拳のような突きにも対応できるものだったはずです。
 いや、むしろ速い攻めに対し、太極拳的な受けは、非常に有効だったからこし、今日までその様式が伝えられてきたと考えるべきでしょう。
 その実戦力を復活させる第一歩がこの採の練習です。
(山田)

 
※本サービスのご利用にあたりましては、最新版のRealPlayerをあらかじめインストールしていただく必要があります。
また、パソコンの性能によってはスムーズな映像再生ができない場合があります。トップページにあるサンプルムービーで、あらかじめ再生品質をご確認ください。
@nifty top
Copyright (c) 2011 full-com corporation. All Rights Reserved.