@nifty
BUDO-RA
title
image
映像をご覧になるには入会が必要になります。
詳しくはこちら

指導・実演 山田英司 BUDO-RA編集長

 は、まさに太極拳の実戦的な受けです。
 ゆっくりとした攻めだけでなく、速い攻めに対応するには、正中線で受け、相手の正中線に向けて圧力をかけなくてはいけません。
 そのためには、自分の手が空いての頭上を指で指していくように力を加えていかなければなりません。
 相手は、これを受けようとして押し返す力を働かせるため、結果として崩れます。
 上体が大きくそるか、後ろへ飛んでいくように崩れます。
 伝説の「手が触れれば飛んでいく」という技法も、この法則を知れば誰でもできます。
 仮に相手が崩れなくて、手の力を抜いたとしましょう。
 そのときは、こちらの手が相手の顔面を直撃しますので、それはそれで立派な攻めと崩しになります。
 の攻めに対しては、リーで流すしかありません。
 そこで、太極拳の推手の形へとつながるわけです。
 太極拳と実戦で使う第一歩は、を自在に使いこなすことが必要です。
 相手の脇は大きく空くことになるので、ここでは左の靠からつなぐ左腕刀で倒しています。
 劈柱や陳式の雲手の発勁時の姿が一番似ています。
 むろん八極拳の頂肘や、様々な接近戦の技法が使いやすい崩しです。
 靠やその他の体あたり技も、それを使いやすくする受けと崩しが前提になければ、とうてい実戦では使用不可能です。
 中国武術独特の攻めを行うには、独特の受けと崩しが必要であるということです。
(山田)

 
※本サービスのご利用にあたりましては、最新版のRealPlayerをあらかじめインストールしていただく必要があります。
また、パソコンの性能によってはスムーズな映像再生ができない場合があります。トップページにあるサンプルムービーで、あらかじめ再生品質をご確認ください。
@nifty top
Copyright (c) 2011 full-com corporation. All Rights Reserved.