@nifty
BUDO-RA
title
image
映像をご覧になるには入会が必要になります。
詳しくはこちら

指導・実演 山田英司 BUDO-RA編集長

 抱は劈掛掌の動作の代表的なものであり、両手を羽を広げるように開き、水平に閉じる動きです。
  一見、隙だらけのこの動きが、実は非常に優れた受けと崩しを可能にします。
  まず、基本の受けで右手を正中線にまで運び、相手の右手を受けたら、接触点を支点にして胸を開くようにすると、自分の体幹全体が前方へ移動します。すなわち、受けて崩す動きと自分が前進する動きが同時に行われるわけです。
  一見、隙だらけのゆるやかな動きが、着法さえ理解すれば、すばやく、隙のない動きとなります。
  腕全体を支点にして前進する身法は、劈掛掌だけでなく、北派拳術の多くの門派で使用されます。その一例として、螳螂拳の転身左圏捶を紹介します。やはり、すばやく入り身をして相手の背後に回る技です。
  いずれの技でも、開いた両手を次に閉じる動きで投げや打撃に結びつけていくことで共通しています。
  体を大きく使う動作でもあるため、非常に強力な攻撃が一瞬で行われるというメリットがあります。実際に自分の体で試してもらうとよくわかるでしょう。
(山田)

 
※本サービスのご利用にあたりましては、最新版のRealPlayerをあらかじめインストールしていただく必要があります。
また、パソコンの性能によってはスムーズな映像再生ができない場合があります。トップページにあるサンプルムービーで、あらかじめ再生品質をご確認ください。
@nifty top
Copyright (c) 2011 full-com corporation. All Rights Reserved.