@nifty
BUDO-RA
title
image
映像をご覧になるには入会が必要になります。
詳しくはこちら
主催 ドセ・パレス・インターナショナル

 ドセ・パレス・インターナショナルは、ひとつの道場でさまざまなスタイルのエスクリマが練習できるエスクリマのデパートを目指し、エスクリマをスポーツにして世界中に普及させた。
トーナメント・ルールを制定し、安全な防具の開発を進め、1979年3月24日にNARAPHIL(フィリピン国家アーニス協会)と共同で第1回アーニス・オープン・トーナメントをセブで開催した。
今ではドセ・パレス・インターナショナルがセブで開催するトーナメントには、ドセ・パレスだけでなく、バリンタワク、サン・ミゲル、ラプンティなどの、かっては対立していたさまざまなエスクリマ・グループが参加するようになっている。
1989年にはWEKAF(世界エスクリマ・カリ・アーニス連盟)が設立され、同年、初のWEKAF世界大会がセブで開催された。その後WEKAFの世界大会は2年に1度のペースで開催され、2012年には12回目を迎えるまでになった。
 
フィリピンに伝わる12流派の全貌をまとめた画期的な著
「公開!フィリピン武術の全貌」
2013年2月下旬発売
大嶋良介 著
フル・コム編
東邦出版
 
※本サービスのご利用にあたりましては、最新版のRealPlayerをあらかじめインストールしていただく必要があります。
また、パソコンの性能によってはスムーズな映像再生ができない場合があります。トップページにあるサンプルムービーで、あらかじめ再生品質をご確認ください。
BACK
@nifty top
Copyright (c) 2013 full-com corporation. All Rights Reserved.