@nifty
BUDO-RA
title
image
映像をご覧になるには入会が必要になります。
詳しくはこちら
指導・実演 林悦道 士心館 館長

 総合格闘技などで今日ポピュラーになったマウントパンチ(パウンド)に掌底突きで反撃する。
 相手にマウントポジションをとられ、上から右パンチで攻撃されたら、左手で上腕や肩を押さえて防ぐ。拳を押さえようとしても、動きが速いため、難しい。動きの小さい前腕や肩を押さえるのが得策である。
 掌底突きで反撃するが、顔の位置が高くて届きにくいようなら、相手の脇へ掌底突きを入れる。一発で効かなければ連打する。
 脇への掌底突きによって相手の顔が下がって接近してきたら、顎へ掌底突きを入れ、そのまま相手の顎を押し続け、相手を地面に倒して押さえ込むか、その場から逃げるようにする。

林悦道館長のDVD「古流喧嘩術」
2012年9月発売予定
予価5000円+税 発行・発売フル・コム

 
※本サービスのご利用にあたりましては、最新版のRealPlayerをあらかじめインストールしていただく必要があります。
また、パソコンの性能によってはスムーズな映像再生ができない場合があります。トップページにあるサンプルムービーで、あらかじめ再生品質をご確認ください。
@nifty top
Copyright (c) 2007 full-com corporation. All Rights Reserved.