@nifty
BUDO-RA
title
image
映像をご覧になるには入会が必要になります。
詳しくはこちら

指導・実演 池田秀幸

 太極拳無形塾代表の池田秀幸師範は、陳式太極拳の身体操作を基に、独自の武術理論を展開している。
 その理論は、太極拳の枠を超えて、武術全般に応用が効くため、剛柔流や上地流の肩などの解明にも大いに役立つ。沖縄空手の伝説的な技の数々も、池田師範は体言化することに成功している。
 さまざまな武術的解明を行う池田武術の基本理論となるのが「4呼間の動き」である。
 技の起動から終了まで、各関節を45度を限度に少しずつ、ひねりを加える。陳式太極拳の纏絲勁の概念を具体的に解明した太極理論でもある。「4呼間の動き」は、発勁だけでなく、対人においての受けや崩しなどにも応用が効く。
 フル・コムが編集する「太極拳で空手は最強となる」(仮題)で詳しく解説する予定である。


※本サービスのご利用にあたりましては、最新版のRealPlayerをあらかじめインストールしていただく必要があります。
また、パソコンの性能によってはスムーズな映像再生ができない場合があります。トップページにあるサンプルムービーで、あらかじめ再生品質をご確認ください。
BACK
@nifty top
Copyright (c) 2015 full-com corporation. All Rights Reserved.