BUDO-RA
title


指導:中村頼永
ジークンドーシニア・インストラクター

正拳の握り方
ジークンドーにおける、重要な武器。
指で目を狙うこのビルジーは、一撃で相手の戦闘能力を奪うことができる技であるが、次の攻撃につなぐための技としても活用が可能だ。
ここでは、以下の内容でビルジーの用法を紹介する。

■ビルジーの基本
■瞬発性を養うトレーニング
■エンターリングからトラッピング
■ビルジーの対人練習
■ビルジーを用いたエンターリング
映像をご覧になるには入会が必要になります。
詳しくはこちら

■映画史における偉大なる俳優であり、革命的な武道家でもあったブルース・リーの創始した、“闘い方”のフィロソフィー(哲学)――それがジークンドー(JeetKune Do, JKD/截拳道)である。
■「JKD」と名づけられる前、ブルース・リーは、自身が教えていた武術を、「振藩功夫(ジュンファン・グンフー)」と呼称していた。この振藩功夫は、香港において葉問師に学んだ詠春拳を基盤にしたものであった。
■しかし、その後、アメリカでの他流試合や各種武道・格闘技の研究を経て、ブルース・リーは朋友ダン・イノサントと共にJKDというフィロソフィーを提案した。これは形式やスタイルを超えた、武術の概念に囚われない戦術思想である。
■このような経緯から、武術としてのJKDは、正確には「ジュンファン・グンフー・ジークンドー」と呼称される。
■JKDは無形の境地を到達点とする。このことは「我流でも(概念を理解して練習すれば)JKDである」と誤解されがちだが、実際には基本とすべき技術、学習メソッドが存在する。この技術は、利き手を前にして構え、目突き、金的蹴りなどを多用し、関節技なども含む、極めて実戦的なものである。
■日本においては、IUMA日本振藩國術館などで実践継承が行われている。

中村頼永
  1963年12月19日、三重県生まれ。
  中学2年で『死亡遊戯』の予告編を観たことをきっかけに武道を志す。高校時代、寛水流空手を修行。上京後、中国拳法などを学んだが、1984年2月、初代タイガーマスク・佐山聡氏の開設したスーパータイガージムに初日入門。すぐさま頭角を現し、 第1回プリシューティング大会66kg級で優勝。
  以後、スーパータイガージムのインストラクターを務めるが、ブルース・リー、JKDへの興味は断ち切れず、1989年1月に渡米。ブルース・リーの右腕であり親友であったダン・イノサント師(現在はロサンゼルス郊外にて格闘技ジム「イノサント・アカデミー」を主宰)の門下生となる。
  その後は米国を中心に活動。イノサント師のプライベート・レッスンを受け、1990年にアソシエイト・インストラクターとなったのを皮切りに、着々と実績を重ね、1999年には日本人初のシニア・インストラクター(最高ランク)に認定され、名実ともにジュンファン・ジークンドーの継承者となった。
  またこの間にも、日米間を格闘技の振興のために忙しく往復し、精力的な活動を続けている。1992年には日本にもジュンファン・JKDの技術を伝えるべく、「IUMA日本振藩國術館」を設立。同組織は、現在では日本中に支部・同好会を持ち、多くの練習生の中からは、時代を担うインストラクターも生まれてきている。
  また、アメリカにおいてはUSA修斗を設立。選手を育成すると共に日本のリングにも送り込み、修斗の国際化のために大きな功績を果たした。
  ヒクソン・グレイシーとも交流が深く、日本にヒクソンを紹介した功労者でもある。 ジュンファン・グンフー・ジークンドー・シニアインストラクター、USA修斗協会代表。佐山聡認定シューティスト(修斗最高ランク)。

協力 IUMA日本振藩國術館


※本サービスのご利用にあたりましては、最新版のRealPlayerをあらかじめインストールしていただく必要があります。
また、パソコンの性能によってはスムーズな映像再生ができない場合があります。トップページにあるサンプルムービーで、あらかじめ再生品質をご確認ください。
BACK
@nifty top
Copyri ght (c) 2002 full-com corporation. All Rights Reserved.