@nifty
BUDO-RA
title
映像をご覧になるには入会が必要になります。
詳しくはこちら
指導 中村頼永 ジークンドーシニア・インストラクター
 リードパンチを打ち込むタイミングを実演・解説する。
 1.相手の攻撃を受け、相手が引き戻すタイミングに合わせて打ち込む。
 2.相手が攻撃を出すタイミングと同時に打ち込む。
 3.相手が攻撃を出す前に止めて打ち込む。
 以上の3つが基本的なコンタクトのタイミングである。
 さらに、相手が受ける動きによって、変化していく必要がある。
 ジークンドーでは、リードパンチを、相手に腕の内側(手首側)から受けられたら、ボール&ソケットの原理で対応し、腕の外(手の甲側)から受けられたら、ヒンジ原理で対応する。
 まず、相手が、腕の内側から外へ受けたら、ボール&ソケットの原理で相手の受け手を上から押さえて反撃する。
 あるいは、相手が外から内へ受けたら、ヒンジ原理で相手の受け手を左手で上からつかんで反撃する。
協力
IUMA日本振藩國術館
※本サービスのご利用にあたりましては、最新版のRealPlayerをあらかじめインストールしていただく必要があります。
また、パソコンの性能によってはスムーズな映像再生ができない場合があります。トップページにあるサンプルムービーで、あらかじめ再生品質をご確認ください。
BACK
@nifty top
Copyright (c) 2004 full-com corporation. All Rights Reserved.