@nifty
BUDO-RA
title
映像をご覧になるには入会が必要になります。
詳しくはこちら

指導 中村頼永 ジークンドーシニア・インストラクター
 互いに右前に構え、相手の右前腕を左掌ではたいて制しながら、右直拳で相手の顔面を攻撃していくが、相手がそれを受けた場合の対応と変化を解説する。
 相手が、顔の前で右拳を左掌でキャッチして受けたら、攻撃した右拳を、相手の左手の外側から反時計回りに回して、顔の左側面を打つ。
 相手が、顔の前で、右拳を左掌でキャッチするように受けとめたら、左掌で相手の右前腕部(肘付近)をはたき、同時に右手を相手の右前腕をくぐるように回して、そのまま右裏拳を顔面に打ち込む。
 相手が、顔の前で、右拳を左手で外から内へ払うように中心線を越えて受けた場合、そのまま相手の受ける力を利用して受けられた方向へ右手を反時計回りに動かし、そのまま相手の右肘を相手の外側から中心に向かって払うようにして崩しながら、自分の方に向いた相手の脇腹へ左拳をアッパーの軌道で打ち込む。
 相手が、右拳を顔の前で、左掌を使ってキャッチするように受けとめたら、受けられた右手の軌道を変え、相手の左手の外側からフックのようにして右掌で2打目を打ち込む。これを、相手が左前腕(手の甲側)で受けたら、受けられた右手で相手の左前腕をひっかけて下方へ引き込みつつ、左前腕の小指側で相手の右前腕をこするように制しながら左拳で相手の顎を打ち上げ、左前腕で相手の右前腕を制したまま、相手の左前腕を左掌で制し、相手の両腕を封じた状態にし、右の直拳を顔面に打ち込む。
 1打目の右直拳を、相手が顔の前で、左掌を使ってキャッチするように受けとめたら、左手で相手の前腕を制しながら、右の裏拳で、相手の右前腕をくぐるようにして顔面を打つ。これを相手が左手で外から内へ払うように中心線を越えて受けたら、相手の右手を制していた左手を自分の右腕の下を通して相手の左前腕に移し、この左前腕をつかんで下へ引き落とすと同時に、自分の右肘を引かずに曲げてドアの開閉のようにして右の裏拳を顔面に打ち込む。
 以上は、技の概略を説明しましたが、文章で完全に再現しているわけではありません。実際に映像をご確認ください。

※本サービスのご利用にあたりましては、最新版のRealPlayerをあらかじめインストールしていただく必要があります。
また、パソコンの性能によってはスムーズな映像再生ができない場合があります。トップページにあるサンプルムービーで、あらかじめ再生品質をご確認ください。
BACK
@nifty top
Copyright (c) 2004 full-com corporation. All Rights Reserved.