@nifty
BUDO-RA
title
image
映像をご覧になるには入会が必要になります。
詳しくはこちら

各種推手

 2013年12月に行われた、拳功房の太極拳クラスの審査会風景です。
 真壁保司君が1級を受けました。
 型は陳式老架式しか学んでいませんが、ここに紹介するパンチの受けと推手の練習に熱心に励んでいるため、真壁君は実戦になると太極拳の戦闘法を駆使して強さを発揮します。
 真壁君だけでなく、太極拳クラスの人たちは、n-1ルールのような多人数相手の組手でも強さを発揮します。
 太極拳の人たちは、打撃の前に必ず崩しを入れるクセがついているので、低く型を行い、重たい腰を養っているため、実戦力がつくようです。
 拳功房では、八極拳や螳螂拳など実戦的な拳法のクラスがありますが、意外なことに、多人数相手の組手には、最もおだやかと思われていた太極拳が効果的なようです。(山田)

 

※本サービスのご利用にあたりましては、最新版のRealPlayerをあらかじめインストールしていただく必要があります。
また、パソコンの性能によってはスムーズな映像再生ができない場合があります。トップページにあるサンプルムービーで、あらかじめ再生品質をご確認ください。
BACK
@nifty top
Copyright (c) 2014 full-com corporation. All Rights Reserved.