@nifty
BUDO-RA
title
image
映像をご覧になるには入会が必要になります。
詳しくはこちら

パンチの受けから崩し

 太極拳の円の受けと崩しを練習しています。
 パンチの受けには様々な種類があります。
 ボクシングにもパリーやダッキングなど様々な受けがあり、ムエタイでも独特の受けがあります。
 これらは、ボクシングではパンチを打ち返すために有効な受けであり、ムエタイでは、蹴りや肘打ちを返すのに適した受けです。
 実は、全ての格闘技が、受けとは反撃のための糸口となっているのです。
 従って、いくらそれらが有効な受けであっても、それらの受けから太極拳や八極拳など中国武術の反撃にはつなげるためには、その動きにつなげやすい受けを最初から身につけねばならない。
 一度身につけてしまえば、そこからは無限の変化が可能となります。
 そうした変化も含む受けの練習風景です。(山田)

 

※本サービスのご利用にあたりましては、最新版のRealPlayerをあらかじめインストールしていただく必要があります。
また、パソコンの性能によってはスムーズな映像再生ができない場合があります。トップページにあるサンプルムービーで、あらかじめ再生品質をご確認ください。
BACK
@nifty top
Copyright (c) 2014 full-com corporation. All Rights Reserved.