@nifty
BUDO-RA
title
image
映像をご覧になるには入会が必要になります。
詳しくはこちら

 拳功房では、各クラスの生徒が、基本拳種として形意拳や八卦掌などの内家拳を必修として練習します。
 従って、形意拳の対打などは、日頃手合わせをしない太極拳クラスの生徒と八極拳クラスの生徒が、力を競い合ったりできる貴重な時間となり、各拳種の特性が現れて興味深いものがあります。
 形意五行拳対打は、松田隆智先生から伝えられたもので、単純な動作のくり返しですが、功夫を磨くにはとても良い対打です。
 技よりも体を練ることを目的としているため、慣れたら相手と思い切り手足をぶつけ、前後左右にぶれない体の芯を作ります。
 上体を支える左右の股を鍛えることにより、ぶれない重たい体となることができます。(山田)

※本サービスのご利用にあたりましては、最新版のRealPlayerをあらかじめインストールしていただく必要があります。
また、パソコンの性能によってはスムーズな映像再生ができない場合があります。トップページにあるサンプルムービーで、あらかじめ再生品質をご確認ください。
BACK
@nifty top
Copyright (c) 2014 full-com corporation. All Rights Reserved.